公開:2017/09/08 トレンド情報

仮想通貨が暴落したらどうする?資産を減らさない為の基本的な運用方法を解説。

Copy of ビットコインFX

仮想通貨の価格が暴落して、保有している資産が減ってきたときにどうすればよいか、基本的な対処方法をご説明します。

アルトコインに替える

保有しているビットコインが下落してきたら、ビットコイン以外の仮想通貨(アルトコイン)に替えておくという選択肢があります。

送金

仮想通貨は価格の上昇幅が大きいことが投資対象としてのメリットですが、必ずしも高騰の一方ではありません。

下落するときも価格が多きく下がります。

仮想通貨の投資を始めたばかりの方の中には、

ビットコインを購入したのはいいけど、買った価格から下がる一方・・・。

という方もいるのではないでしょうか。

そのような場合には、価格の上昇しているアルトコインに交換しておくことで資産が減っていくのを防ぎ、逆に増やせる可能性もあります。

以下、例を上げてご説明します。

51万円で1BTCを購入した場合

ビットコイン(1BTC)が51万円のときに購入したとします。

送金のコピー5

しかし、ビットコインは購入した価格から下落して50万円になってしまいました。

6

他の仮想通貨のチャートを見てみると、イーサリアム(ETH)の価格は上昇傾向でした。

そこで保有しているビットコインをイーサリアム(ETH)に交換します。

送金のコピー2

その後、ビットコインの価格が下落を続け、一方のイーサリアム(ETH)の価格はが上昇を続けた場合・・・

7 送金のコピー3

保有しているイーサリアムの総資産はビットコインを購入した51万円を超えました。

ビットコインに替える

ビットコイをアルトコインに変えた方法は、その逆の場合でも同様に行うことができます。

例えば持っているイーサリアムの価格が下落してきた場合にビットコインの価格が高騰していたら、ビットコインに変えておくことで同じく資産を増やすことができます。

送金のコピー6

交換のタイミング

ただしこれらの方法は、交換する2種類の仮想通貨(通貨ペア)の相場の動きがある程度予測できていないと確実なものではありません。

ビットコインをリップルに交感した途端に、ビットコインの価格が高騰し、逆にイーサリアムは下落した・・・。

という失敗を味わっている人も少なくありません。

そのような状況を回避する為には、

“価格が高騰しているうちに、価格の下がっている通貨に交換しておく”ことで成功の確率は少し上がります。

保有している通貨が高騰しているときは気分もよく、ついついそのままにして置きたくなるものですが、高騰したらその先には必ず下落が待っているのが相場というものです。

本文の少し追加

高騰しているうちに「次どうするか」を考えて置きましょう。

日本円(JPY)に替える

ビットコインもその他の仮想通貨(アルトコイン)の軒並み暴落することもあります。

この状況を回避するには、

思い切って利益確定(資産をに日本円に戻す)してしまうという方法もあります。

送金のコピー7

これもタイミングの考え方は基本的に同じで、下がっているときに交換するのではなく、高騰しているうちに交換した方がよいです。

仮想通貨の交換は手数料の安いビットバンク.ccがおすすめ

ビットコインからアルトコインに交換する(または、アルトコインからビットコインに交換する)

場合にはできるだけ売値と買値の差が少ない方がいい訳ですが、利用をおすすめするのはビットバンク.ccです。

スクリーンショット 2017-08-04 19.49.24

ビットバンク.ccでは指値の取引ができて手数料も一定の為、ビットコインやアルトコインをよい条件で交換することができます。

取り扱い通貨ペア
●ビットコイン(BTC/JPY)
●リップル(XRP/JPY)
●ライトコイン(LTC/BTC)
●モナコイン(MONA/JPY)
●イーサリアム(ETH/BTC)
●ビットコインキャッシュ(BCC/JPY)(BCC/BTC)

登録は無料ですぐに完了するので、必要なとタイミングに備えてアカウントを用意しておくとよいでしょう。

ビットフライヤーでリップルは買える?仮想通貨投資でおすすめな取引所とは?

2017.04.12

【取引所】コインチェックの安全性は大丈夫?評判や口コミを調べました。

2017.04.22

結局、仮想通貨はいつ買えばいいのか?確実に利益を出す為の購入のタイミング【買い時】

2017.05.07

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でリップル通信をフォローしよう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です