公開:2017/12/25 DMM Bitcoin(DMMビットコイン)

「DMMBitcoin(DMMビットコイン)」評判、取り扱い通貨や取引内容。金融大手が仮想通貨の取引所サービス開始を発表。

大手金融企業DMM.comが仮想通貨の取引所サービスを2018年1月より開始することを発表しました。

サービス名は「DMMビットコイン」

仮想通貨の市場規模拡大とともに各社がサービス強化や大々的な広告施作を実施している中で、「DMMビットコイン」はどの様な差別化を測ってくるのか、注目が集まるポイントです。

取り扱い予定の通貨や取引内容など、公式に発表されている情報をまとめておきたいと思います。

DMM.comが取引所「DMMビットコイン」をスタート

DMM Bitcoinは、9月26日に仮想通貨交換業者の登録を関東財務局に申請し、12月1日付で登録が完了しています。

取引所としての特徴は、現物取引として7種類の通貨を取り扱うほかレバレッジの取引でも14通貨ペア取り扱うことです。

アルトコインのレバレッジ取引

アルトコインのレバレッジ取引は、先に仮想通貨の取引サービスをスタートさせているGMOコインが実装を予定していますが、DMMが国内初のポジションを奪う形となりそうです。

取り扱い通貨と取引内容(現物/レバレッジ取引)

「DMM FX」の取引ツールを採用

FXの取引ですでに実績のある取引ツールを採用するそうなので、初期から高いユーザビリティーを実現することができそうです。

さらにこの取引ツールは、機能性をそのままにスマホアプリ版でも利用できるようになります。

年明け早々にサイトをオープン予定

現在DMMグループによって運営されている「東京ビットコイン取引所」のサービス終了し、新たに称号を変更して「DMMビットコイン」がオープンする形になります。

株式会社東京ビットコイン取引所(本社:東京都中央区、代表取締役社長:田口 仁、仮想通貨交換業者:関東財務局長 第00010号)は、下記の通り商号変更・オフィス移転を行い、新サービスをリリースする旨お知らせいたします。

■商号変更・オフィス移転について
 2017年12月12日をもって商号を株式会社東京ビットコイン取引所から『株式会社DMM Bitcoin』と変更し、オフィスを移転いたしました。

  新商号
  株式会社 DMM Bitcoin

  移転先住所
  〒103-6010 東京都中央区日本橋2-7-1東京日本橋タワー10階

:東京ビットコイン取引所公式

「DMMビットコイン」2018年1月11日より口座開設申し込み受付開始

口座開設の申し込み受付開始は2018年1月11日より。

同時に取引所の運営もスタートします。

仮想通貨の取引所としてはすでに多くの企業が参入している中でのサービス開始となるため、より強い独自性が期待されるところですが、レバレッジ取引をメインとするあたりからも、金融大手としてすでにサービスを開始しているGMOコインとのポジションの奪い合いとなりそうです。

ただ、競合同士が争ってくれた方が双方ともにサービスの向上見込めるため利用者にとってはメリットとなるでしょう。

DMMビットコインの申し込みが開始するまでにGMOコインも試用しておき、利便性について比較してみるとよいと思います。

「GMOコイン」がレバレッジ国内最高「25倍」でも初心者に安心な理由。

2017.11.10

「Changelly(チェンジリー)」少ない手数料で簡単に仮想通貨(アルトコイン)同士の交換をする方法。

2017.08.21

「Bankera(バンクエラ)」ICO開始。プレICOでは25億BNK(約30億円)のトークンセール実績。

2017.11.28

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でリップル通信をフォローしよう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です