公開:2017/08/19 (更新:2017/11/30)

便利ツール

仮想通貨のポートフォリオがチェックできるアプリ。日本語完全対応の「クリプトフォリオ(Cryptofolio)」(バージョン 1.13)

仮想通貨の取引をしている人にとっては必需品である、ポートフォリオ(仮想通貨の保有状況)をチェックできるツール。

使用している取引所が1箇所ならその取引所にログインすればいいだけですが、複数の取引所を使用している場合や、コールドウォレット(オフラインのウォレット)に保管している場合などはトータルの資産状況を把握するのが大変です。

これまでブロックフォリオ(Blockforio)というスマホアプリが利用し安く人気でしたが、日本語への対応が完璧ではありませんでした。

今回は、

●全て日本語表記となっており、
●さらに国内の主要取引所にも対応してる

「クリプトフォリオ(Cryptofolio)」というスマホアプリをご紹介します。

【バージョン 1.13の新機能】

下記の機能を追加しました。
・端末間でのデータ同期機能を追加しました。

下記の不具合を修正しました。
・ADAのチャートが 1時間の設定だと表示されない不具合を修正しました。
・CryptpiaでALISトークンのチャートが見れない不具合を修正しました。
・表示する小数点の桁数を修正しました。
・通貨詳細画面から取引を登録する時、既に選択している取引所が初期選択されるように修正しました。
・iPadで横向きにしている状態でJPY/JPYを選択するとアプリが落ちる不具合を修正しました。

クリプトフォリオ(Cryptofolio)公式

取引所を複数使っていると資産管理が手間

仮想通貨の取引を始めたばかりの方には、自分の資産状況を確認するときに毎回取引所へログインしているという方もいるのではないでしょうか。

IMG_1078
参考:コインチェック資産確認画面

保有している通貨の種類が少ないときや、1箇所の取引所だけを利用しているときはこれで事足りますが、複数の取引所を利用しだすと、その都度ログインして計算をして・・・・と、とても手間です。

そこで重宝するのが、自分のポートフォリオを記録しておくと、現在の相場を自動計算して総資産額を表示してくれるスマホ用のアプリ。

代表的なものに「ブロックフォリオ」というアプリがあります。

IMG_0873

ブロックフォリオ(Blockforio)の日本語対応版?

ブロックフォリオはその使いやすさから特に人気が高かったので、使用している方も多いではないでしょうか。

しかし、

●すべて英語表記であることと、
●国内の取引所には一部対応していない点

が、唯一欠点として改善を期待されていました。

しかし、今回新たにリリースされた「クリプトフォリオ(Cryptofolio)」はその2点の課題をクリアしており、最も使いやすい管理アプリとなっています。

IMG_1125

「クリプトフォリオ(Cryptofolio)」の便利機能(バージョン 1.13)

「クリプトフォリオ(Cryptofolio)」の主な便利機能をご紹介します。

国内の取引所に対応

国内の主要取引所である、

●コインチェック(Coincheck)
●ビットフライヤー(bitFlyer)
●ザイフ(Zaif)
●ビットバンク(bitbank)
●コインエクスチェンジ(QUOINEX)

に対応しています。

これらの取引所を介して仮想通貨を購入した方にとっては、より正確に現状の含み益を確認することができるようになっています。

円グラフで視覚的にポートフォリオをチェック

資産の“総量”に加えて“比率”を視覚的に確認できるようになり、感覚的に資産管理が可能です。

IMG_1686

最大3つのフォルダーが利用可能

フォルダーを分けてそれぞれ別のポートフォリオを管理することができるようになりました。

別端末同士の同期が可能

データをインポート/エクスポートすることで別々の端末同士の情報を同期させることができます。

元の情報をエクスポート(出力)、コピーを表示したい方をインポート(入力)します。

逆にならないよう注意してください。

クリプトフォリオ(Cryptofolio)の使い方

ブロックフォリオを利用したいことがある方なら感覚的にわかるかもしれませんが、クリプトフォリオの基本的な使い方をご説明します。

●仮想通貨を追加する

ダウンロード直後の状態は下記のように何も表示されていません。

IMG_1680

まずは赤枠内の“コインを追加する”をクリックして購入した通貨を登録します。

●仮想通貨を選択する

表示させたい仮想通貨の通貨名(または“BTC”などの通貨単位)を入力します。

IMG_1681

すると下に候補が表示されるので、購入した通貨ペアを選択してクリックします。

日本円でビットコインを購入した場合は、
BTC/JPY
です。

●詳細を入力する

購入したときの詳細な情報を入力します。

IMG_1129
①購入した取引所
②購入した価格
③購入した量(上の画像だと“5BTC”)
④購入した日付
⑤最後に“保存”ボタンをクリック

IMG_1683

これで保有している通貨がメイン画面に表示されるようになりました。

画面左上に日本円換算価格が表示されます。

上の画像で表示されている
“JPY47.84万”とは
“478,400円”の意味です。

●同じ通貨を追加購入した場合

同じ通貨を異なるタイミングで購入するした場合には、それぞれの情報を反映さえることができます。

IMG_1683

表示されている通貨と同じ通貨ペア(上の画面では“BTC/JPY”)を別の日に追加購入したという場合は、赤枠の“現在保有している通貨ペア”をクリックします。

IMG_1684

①“保有状況”をクリックすると上記のような画面になりますので、

②“コインを追加する”をクリックして、先ほどと同じように購入の詳細情報を入力し、保存します。

国内の仮想通貨ホルダーに最適のスマホアプリ

日本語と国内主要取引所に対応したことで、クリプトフォリオは日本人にとっては最も便利なポートフォリオ管理ツールとなっています。

快適な仮想通貨取引を行う上で頼れる存在となることは間違いありません。

期待のICO「Bankera(バンクエラ)」のICOに参加するメリットと登録方法。

2017.09.09

仮想通貨のおすすめアプリ紹介。スマホで簡単に仮想通貨の資産管理や運用をしよう。

2017.06.16

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でリップル通信をフォローしよう!

4 件のコメント

  • 保有量登録時に売るときも買うときもコストが増えるのはおかしいですよね?
    不具合でしょうか・・・

  • 今は入手不可能ですよね?

    →運営元に確認したところ現在システム改修中の為、新規ダウンロードを停止しているとのことでした。数日中に復帰するそうです。(リップル通信)

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です