仮想通貨が使えるデビットカード「ワイレックス(wirex)」の発行を申請しよう。

wirex

仮想通貨が使用できる場所は、国内だとまだまだ限られてるのが現状です。

そもそも投資の目的で仮想通貨を保有している場合には、仮想通貨を使用する事はあまり想定されないのかもしれませんが、海外に旅行へ行ったときなど、仮想通貨での支払いができると便利なシチュエーションもあります。

今回は、ビットコインが対応していない実店舗などでも使用が可能なデビットカード「ワイレックス(Wirex)」の発行申請の方法をご紹介したいと思います。

ワイレックス(wirex)デビットカード

支払い方法にビットコインを選択できるデビットカードはすでに何種類か普及しており、その中でも今回ご紹介するのはワイレックス(Wirex)です。

screencapture-wirexapp-ja-bitcoin-debit-card-html-1496034513524

ワイレックス(Wirex)デビットカード公式サイト

ワイレックス(wirex)デビットカードの特徴・メリット

“デビットカード”とはクレジットカードの一種で、カードで支払った代金が自分の口座からリアルタイムに引き落とされるというのが特徴です。

つまり、わざわざ現金を持ち歩かなくても“銀行口座がそまま財布になる”という便利なカード。

そしてワイレックスは、ビットコインでは払いができるデビットカードです。

①どこでもビットコインで支払いが可能

指定のクレジットカード決済に対応している店舗であればどこでもワイレックスを使用してビットコイン決済が可能です。

②日本語対応サイトで安心

スクリーンショット 2017-05-29 16.58.12

ワイレックスの発行元は海外の企業ですが、日本のユーザー向けにサイトが日本語に対応しています。

仮想通貨のデビットカードは現状海外のものがほとんどでアカウント登録やカードの発行申請などの説明が分かりにくいことが多いですが、ワイレックスは全て日本語表記なのとても解りやすいです。

またその為もしものトラブルが発生したときの対象方法もなども確認しやすいのが利点です。

③デビットカードとウォレットの2ウェイで便利

ワイレックスのデビットカードを発行するにはまずアカウント登録しますが、このアカウントがウォレットとなります。

ウォレットとはビットコインを保管しておく口座のようなもの。

取引所の口座に保管しておくこともできますが、セキュリティの観点から長期間取引を行わない場合はウォレットに保管することが推奨されています。

さらに専用のスマホアプリが存在する為、ウォレットとデビットカード間の資金移動がどこでも簡単にできます。

IMG_0836

④ウォレット機能は複数の仮想通貨(アルトコイン)に対応

ウォレットに保管できる仮想通貨はビットコインだけでなく、複数の主要な通貨に対応しています。

対応している仮想通貨

Bitcoin (BTC)
Dash (DASH)
Etherium (ETH)
Ethereum Classic (ETC)
・Factom (FCT)
・Lisk (LSK)
・Litecoin (LTC)
・Monacoin (MONA)
・Monero (XMR)
・Ripple (XRP)
・Zcash (ZEC)

※主要通貨を一部抜粋
※細字は現在準備中

ワイレックス(wirex)デビットカードの発行申請

それでは、Wirexデビットカードの発行申請手順をご紹介します。

screencapture-app-wirexapp-register-1496025781941

アカウント登録(サインイン)は無料でできます。

先に入金しておく

ログインしたらさっそくカード発行申請です。

初めにやるべき大事なポイント。

まずビットコインを入金をしておきます。

入金しない状態でカード発行申請をしても、「お金が足りません。」と表示されて最初からやり直しさせられてしまうので、必ず先にこの作業をやっておきましょう。

※まだビットコインを持っていない方やビットコインってどうやって買うの?という方はこちらをご覧ください。

コインチェック(coincheck)に登録してリップルコイン(XRP)を購入してみよう

2016.12.24

では、ビットコインの入金作業についてご説明します。

スクリーンショット 2017-05-29 18.38.36

bitcoin accountの金額が表示されているところの下矢印をクリックすると、“資金を追加”という項目が出てくるのでここをクリックします。

すると入金アドレスが表示されます。
screencapture-app-wirexapp-add-funds-crypto-4023e55ff6f04dc5b2380183928bd297-transfer-1496045942117

このアドレスをコピー、またはQRをスマホでスキャンしてご自身の口座(またはウォレットなど)から約2,000円分のビットコインを送金しましょう。

お急ぎ希望の方は別途手数料がかかりますので、約3,200円ほど入れておきます。

金額はビットコイン(BTC)換算なので正確な金額は、
[ダッシュボード>カードを注文する]からその時点での金額を確認しましょう。
スクリーンショット 2017-05-29 19.00.54 2

入金は反映されるまで少し時間がかかります。(10分〜20分程度。)

カードを注文する

入金が反映されたら、さっそくカードの発行申請をしてみます。

ダッシュボードの“カードを注文”から入ります。

スクリーンショット 2017-05-29 18.53.13

カードは[USD(ドル)/EUR(ユーロ)/GBPポンド]から選べます。

選択は目的によって自由ですが、通常であればUSDで良いかと思われます。

氏名/生年月日の入力

次に進むと以下のような画面になります。

スクリーンショット 2017-05-29 19.00.54

ここに、

・氏名
・生年月日

を入力して“次へ:請求と配送”へ進みます。

※氏名はアルファベットで入力します。

請求先(発送先)の入力

請求先(配送先)の住所を入力する画面になりますので赤枠の中を埋めていきます。

screencapture-app-wirexapp-cards-order-usd-virtual-1496052320198
全てアルファベット表記です。

【記入例】
住所1:1-1-1-101 (番地と部屋番号)
住所2:Shibuya,Shibuya (町、区)
国:JAPAN
都道府県:Tokyo
郵便番号:1500002

スクリーンショット 2017-05-29 19.14.21

“配送先”と“配送方法”を選択します。

※参照画面の内容だと、“通常発送”となります。
大半はこの選択で良いと思われます。

選択したら下の“次へ:お支払い方法”で進みます。

発行手数料の支払い方法

最後に発行手数料の支払い方法を選択しましょう。

screencapture-app-wirexapp-cards-order-f11f587c6cbc4f939f82b004c0ab3bda-1496053216527

初めにwirexの口座へビットコインを送金しているですので、“お支払い方法”は“wirexビットコインアカウント”を選択します。

すると、“あなたが支払うもの”にカードの発行料が表示されますので、内容に間違いがなければ“要約を表示”へ進みます。

“Trackabledeliverycost”はお急ぎで発注の場合のみ発生し、通常発送では発生しません。

これまでに入力した内容が表示されますので、ここも内容に間違いがなければ、

スクリーンショット 2017-05-29 19.30.46

をクリックして申請完了です。

カードは指定の住所へ届くまでにはおおよそ10日ほどかかります。

デビットカード、1つあるといいかも

Wirexデビットカードを発行しておけばビットコインでの決済がどこでも可能になり、極端な話日本円持ち歩く必要はなくなります。

カードの発行には約3000円ほどかかりますが、(アカウント開設は無料)利便性を考慮すると安いです。

※今なら25%オフでカードが発行できるそうです。

今後の仮想通貨普及を考えると、今のうちから1枚デビットカードを持っておくとよいでしょう。

仮想通貨のデビットカード「ワイレックス(wirex)」を有効化して実際に使ってみよう

2017.03.23

ビットコインの暴騰と急落。そのとき、リップルコインのチャートは? 

2017.01.06

リップルコイン(XRP)の保管方法「ウォレット」を説明するよ

2016.11.29

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でリップル通信をフォローしよう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です