公開:2017/12/02 (更新:2017/12/05)

便利ツール

「住信SBIネット銀行」手数料無料で即入金可(土日夜間も)。仮想通貨取引所への入金におすすめ。

仮想通貨投資の第1歩目は仮想通貨を購入すること。

まずは銀行から取引所へ入金することになりますが、この時に毎回発生して煩わしいのが手数料です。

しかし、「住信SBIネット銀行」を利用すれば手数料が無料で土日も利用可能。

住信SBIネット銀行の特徴や利用するメリットをご紹介します。

振込手数料が無料になる

仮想通貨を購入する為取引所に日本円を送金する度に発生する手数料。

住信SBIネット銀行の口座から送金すれば、これが無料になります。

住信SBIネット銀行同士での振込手数料は何回でも無料であり、仮想通貨の取引所は入金先の口座に住信SBIネット銀行を指定しているとこが多い為です。

主要取引所は入金口座に住信SBIネット銀行を採用している

仮想通貨の主取引所では、住信SBIネット銀行からの入金に対応しているところが多いです。

住信SBIネット銀行を利用している取引所
・GMOコイン
・coincheck
・Zaif
・bitbank
・bitFlyer
・QUOINE

GMOコインの日本円入金画面

このように、取引所はほとんど入金先講座を住信SBIネット銀行に指定しています。

これらの取引所へは、住信SBIネット銀行から入金すれば手数料が無料です。

その他のメリット

上記の点だけでも仮想通貨の購入には住信SBIネット銀行の利用が最適であると言えそうですが、そのほかにも複数メリットがあるので記載しておきます。

①ATMでの引き出しが無料(2〜15回)
②他行宛振込手数料が無料(1〜15回)

①ATMでの引き出しが無料

コンビニや銀行のATMでお金を引き出す際の手数料が無料です。

対応しているATM

・セブン銀行ATM
・イオン銀行ATM
・ビューアルッテATM
・ゆうちょ銀行ATM
・ローソンATM
・イーネットATM

私生活でも、ATMでお金を下ろす度に発生する手数料のシガラミから解放されます。

②他行宛振込手数料が無料

他行宛あてに振込をしなければならないケースも稀にありますが、これも無料でできます。

例えば家賃の振込やネットショッピングの支払い。

特に家賃は毎月払うものなので、手数料が無料になれば削減できる金額は膨大です。

手数料が無料になる条件

ランク無料の回数条件
1ATM2回 / 他行1回なし
2ATM5回 / 他行3回月末の残高が30万円以上
3ATM7回 / 他行7回月末の残高が300万円以上
4ATM15回 / 他行15回外貨預金と仕組預金の月末残高が500万円以上

※表記内容はランク変更条件の一例

ランクの上位はなかなか難しいかもしれませんが、1や2でも十分お得です。

仮想通貨の購入は住信SBIネット銀行が便利

取引所への入金は手数料が無条件で毎回無料。

他行への振込も条件によって複数回無料。

さらに土日も振込ができます。

仮想通貨投資の上でも、その他の生活でも住信SBIネット銀行を利用する利点は大きいようです。

「GMOコイン」がレバレッジ国内最高「25倍」でも初心者に安心な理由。

2017.11.10

【ザイフ(Zaif)】ネム(NEM)や独自トークンの購入/コイン積み立てができるザイフは登録しておくべき。

2017.10.14

「Bankera(バンクエラ)」ICO開始。プレICOでは25億BNK(約30億円)のトークンセール実績。

2017.11.28

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でリップル通信をフォローしよう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です