仮想通貨のデビットカード「ワイレックス(wirex)」実際の評判・口コミを調べました。

ワイレックス

ビットコインが対応していない実店舗などでも使用が可能なデビットカード「ワイレックス(Wirex)」を実際に利用している人の評判や口コミをご紹介したいと思います。

ワイレックス(wirex)デビットカード

支払い方法にビットコインを選択できるデビットカードはすでに何種類か普及していますが、サイトが日本語に対応しており、利用しやすいことで定評があるのがワイレックス(Wirex)です。

screencapture-wirexapp-ja-bitcoin-debit-card-html-1496034513524

ワイレックス(Wirex)デビットカード公式サイト

ワイレックス(wirex)デビットカードの特徴・メリット

“デビットカード”とはクレジットカードの一種で、カードで支払った代金が自分の口座からリアルタイムに引き落とされるというのが特徴です。

つまり、わざわざ現金を持ち歩かなくても“銀行口座がそまま財布になる”という便利なカード。

そしてワイレックスは、ビットコインで支払いができるデビットカードです。

①どこでもビットコインで支払いが可能

指定のクレジットカード決済に対応している店舗であればどこでもワイレックスを使用してビットコイン決済が可能です。

②日本語対応サイトで安心

スクリーンショット 2017-05-29 16.58.12

ワイレックスの発行元は海外の企業ですが、日本のユーザー向けにサイトが日本語に対応しています。

仮想通貨のデビットカードは現状海外のものがほとんどでアカウント登録やカードの発行申請などの説明が分かりにくいことが多いですが、ワイレックスは全て日本語表記なのとても解りやすいです。

またその為もしものトラブルが発生したときの対象方法もなども確認しやすいのが利点です。

③デビットカードとウォレットの2ウェイで便利

ワイレックスのデビットカードを発行するにはまずアカウント登録しますが、このアカウントがウォレットとなります。

ウォレットとはビットコインを保管しておく口座のようなもの。

取引所の口座に保管しておくこともできますが、セキュリティの観点から長期間取引を行わない場合はウォレットに保管することが推奨されています。

さらに専用のスマホアプリが存在する為、ウォレットとデビットカード間の資金移動がどこでも簡単にできます。

IMG_0836

④ウォレット機能は複数の仮想通貨(アルトコイン)に対応

ウォレットに保管できる仮想通貨はビットコインだけでなく、複数の主要な通貨に対応しています。

例えばリップル(XRP)などのアルトコインをワイレックスに送ると、自動でビットコインに換算されてデポジットされるようになっています。

対応している仮想通貨

Bitcoin (BTC)
Dash (DASH)
Etherium (ETH)
Ethereum Classic (ETC)
・Factom (FCT)
・Lisk (LSK)
・Litecoin (LTC)
・Monacoin (MONA)
・Monero (XMR)
・Ripple (XRP)
・Zcash (ZEC)

※主要通貨を一部抜粋
※細字は現在準備中

ワイレックス(wirex)デビットカードの手数料一覧

screencapture-help-wirexapp-hc-ja-articles-207870335-Wirex-E3-82-AB-E3-83-BC-E3-83-89-E3-81-AE-E5-90-84-E7-A8-AE-E6-89-8B-E6-95-B0-E6-96-99-1496128844645

ワイレックス(wirex)デビットカードの評判と口コミ

Wirexについてさらに詳細を確認したい方はこちら方どうぞ→Wirex公式サイト

仮想通貨が使えるデビットカード「ワイレックス(wirex)」の発行を申請しよう。

2017.01.28

仮想通貨のデビットカード「ワイレックス(wirex)」を有効化して実際に使ってみよう

2017.03.23

【取引所】コインチェックの安全性は大丈夫?評判や口コミを調べました。

2017.04.22

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でリップル通信をフォローしよう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です