公開:2018/06/27 (更新:2018/06/28)

取引所&販売所

【独自トークン系取引所まとめ】配当・割引・買い戻しなど、特徴やメリットを比較

仮想通貨の取引所には、独自に通貨(トークン)を発行しているものがあり、その通貨 (トークン)を保有することでメリットが得られることから人気を集めています。

ここでは多数存在する独自通貨(トークン)系の中でも特に利点が多く人気の高い取引所とその概要をご紹介します。

独自トークンを保有するメリット

仮想通貨の取引所には、独自に通貨(トークン)を発行しているものがあり、その通貨 (トークン)を保有することで様々な利益を受けることがきます。

得られるメリットは取引所によってことなりますが、よくあるのが…

  • 配当
  • 取引手数料の割引
  • 買い戻し

です。それぞれどのようなことかというと…

「配当」取引所の収益に対して一定額の配当を得られる

この配当型というのは、取引所が発行している独自トークンを保有しておくだけで利益を受けることができるシステムです。

配当率が高い取引所は…

などです。

「取引手数料の割引」

予め取引所トークンを購入、保有しておき、他通貨の売買手数料を「取引所トークン支払い」にすることで手数料の割引が適用されるシステムです。

取引手数料の割引率が高い取引所は…

などです。

「買い戻し」取引所の収益に対して一定額が買い戻される

取引所独自の通貨(トークン)は発行枚数が決まっているものが一般的ですが、収益の何割かを使って取引所がトークンを買い戻す(バーン)システムです。

買い戻しが実行されると市場に流通する量が減流のでトークンの価値が高まる可能性があります。

「買い戻し」を採用している取引所は…

などです。

ここから先は、各取引所ごとの特徴を比較していきます。

FCOIN(エフコイン)

取引所の利益の80%を独自トークンであるFTの保有者に還元するという非常に高配当な取引所です。

2018年7月より正式版をリリース予定となっており、さらにユーザーが増えると見られています。

通貨名FT
発行枚数100億枚
配当利益の80%
手数料割引-
買い戻し-

CoinPark(コインパーク)

取引開始から50倍以上にも価格が上昇したFCOIN(エフコイン)とほぼ同じサービス内容ですが、FCOIN(エフコイン)よりもさらに高い配当設定になっているのがCoinPark(コインパーク)です。

さらに、取引所開設当初の2週間は利益の100%を配当として還元されます。

通貨名CP
発行枚数100億枚
配当利益の90%
手数料割引-
買い戻し-

Bibox(ビーボックス)

手数料への充当による割引と、四半期毎に20%の買い戻しを行なっており、安定的な投資対象としても注目されています

通貨名BIX
発行枚数2億7000万枚
配当利益の45%~67.5%
手数料割引50%OFF
買い戻し四半期ごとに20%

Binance(バイナンス)

世界最大級の取引所ともいえるBinance(バイナンス)は、取引手数料に充当することで、その取引の手数料を半分にまで抑えることができます。

通貨名BNB
発行枚数2億枚
配当-
手数料割引50%OFF
買い戻し四半期ごとに20%

OKEx(オーケーイーエックス)

Binanceなどに追従する取引量の多い取引所で、OKExの手数料利益の50%がトークン保有者に配当されます。

また、OKB建てでの仮想通貨売買は手数料が無料になります。

通貨名OKB
発行枚数10億枚
配当利益の50%
手数料割引-
買い戻し-

QUOINEX(コインエクスチェンジ)

独自トークン「QASH」を発行している国内の仮想通貨取引所です。

同社がICOを実施して開発中の取引プラットフォーム「LIQUID」がリリースされると、トークン保有者に割引が適応される予定です。

通貨名QASH
発行枚数10億枚
配当利益の50%
手数料割引あり(予定)
買い戻し-

おすすめ独自通貨の取引所一覧

取引所トークン
FCOINFT
CoinParkCP
BiboxBIX
BinanceBNB
OKExOKB
QUOINEXQASH

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でリップル通信をフォローしよう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です