公開:2017/10/25 ICO

GMOがICOを実施(予定)を発表。マイニング事業、トークンセールで資金調達。

GMOインターネット株式会社が、仮想通貨のマイニング事業において計画している「次世代マイニングボード」の外部販売を目的に、来年度内を目処にICOの実施を検討していることを公式に発表しています。

ICOやトークンセール、参加の仕方など概要をご説明します。(情報が追加され次第更新)

GMOインターネット株式会社とは

スクリーンショット 2017-10-25 1.15.55

金融やインターネット上のインフラのサービスを提供する大手グループ企業です。

仮想通貨の取引所である「GMOコイン」のサービスを同グループの「GMOコイン株式会社」にて2017年に開始するなど、仮想通貨事業にも注力しています。

GMOインターネット株式会社のマイニング事業計画

GMOインターネット株式会社は2018年内を目処に、ビットコインなど仮想通貨のマイニング事業の実施を計画しています。

DSC_3967
マイニングとは
ビットコインは、世界でやり取りされている直近の取引内容を一定時間ごとに、ネットワーク上に分散保存されている取引台帳(ブロックチェーン)へ追記する仕組みで成り立っており、この追記作業を「マイニング」といいます。

マイニング事業の概要は以下です。

①クラウドマイニング事業

マイニングをするほどの設備投資が難しい、個人でも手軽にマイニングに参加できるサービス。
GMOインターネット株式会社が運営する「次世代マイニングセンター」のマイニングリソースを販売し、購入された量に応じて報酬を支払うシステムを展開する。

②次世代マイニングボードの販売

「次世代マイニングセンター」で使用する「次世代マイニングボード」を製造し、その一部を外部へ販売する。

③GMOコイン株式会社への仮想通貨供給

マイニングしたビットコインなどを、グループ会社の運営する取引所、「GMOコイン」(仮想通貨の取引所)へ供給する。

「次世代マイニングボード」資金調達にICOを実施検討

DSC_3983

上記のマイニング事業計画の中で製造を予定している「マイニングボード」の販売にあたり、ICOを実施する計画であることを発表しています。

ICO(イニシャルコインオファリング)とは
トークンセール(ICO)とは、企業や個人などのプロジェクトが独自の仮想通貨(トークン)を発行・販売することで資金調達する仕組みのこと。
ICOに際し発行されるトークンの購入には仮想通貨が使用される。

ICOの参加方法は

GMOインターネットが実施予定のICOに関して、詳しい参加予定はまだ未効果です。

グループ会社GMOコインのアカウントからトークンセールの告知など、ICOの慎重に関するリリースが告知される可能性がありますので、

まずはGMOコインにアカウントを用意しておき進捗を待つとよいでしょう。

ビットコインFX。スマホでトレードするならGMOコインが最も便利。

2017.10.12

【ザイフ(Zaif)】ネム(NEM)や独自トークンの購入/コイン積み立てができるザイフは登録しておくべき。

2017.10.14

ビットコインゴールド(BTG)が付与される取引所と受け取り方法。(随時更新)

2017.10.19

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でリップル通信をフォローしよう!

1 個のコメント

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です