仮想通貨リップルコイン、初心者にありがちな5つの勘違い。

list

仮想通貨がいよいよ日本でも本格的に普及する見通しになってきました。

ここでは仮想通貨リップルコインの初心者によくあるありがちな勘違いを5項目にして簡単にまとめてみます。

①リップルコイン(XRP)ってどんなコインなの?

リップルコインはコインではありません。

よく、リップルコイン持ってるの?見せてよどんなの?と言われる事があるのですが、リップルコインは100円玉や10円玉のような硬貨ではありません。

リップルコインは仮想通貨で、コンピュータ上の数字です。その数字を見ても何の事か分からないと思います。

手にとってみる事ができるような実態はありませんが、そのPC上の数字に価値があると思われて信用されているので流通しています。

②リップルコインってポイントや電子マネーのようなものでしょ?

目に見えないという点においてはポイントのようなものですが、厳密にいうと違います。

例えば、楽天ポイントを挙げると、楽天ポイントは発行元が「楽天」のポイントです。楽天の信用で成り立っているポイントです。

リップルコインにはこの発行元という概念がありません。
あえていうなら、発行元はリップルコインを利用するユーザー全員です。利用者同士の信用でなりたっているのがリップルコインなのです。

③仮想通貨は潰れたとだいぶ前ニュースでみたけど?

マウントゴックス

それは、2014年の仮想通貨ビットコイン取引所、マウントゴックス事件のニュースの事です。

当時、TVやニュースでビットコインが無くなったなどと騒がれましたが、その事件はビットコインの取引を行う取引所が倒産した話であって、ビットコイン自体には何ら関係はありませんでした。

同様に、リップルコインをはじめととする仮想通貨自体にも、なんら影響はありません。たとえるなら、どこかの銀行が一つ潰れたみたいなことです。

しかし、当時のニュースではビットコインなどの仮想通貨を理解している人が少なく、まるで仮想通貨自体がが潰れたかのようなニュースとなって放送されいました。

マウントゴックス社の社内体制(業務上横領)などが原因で取引所が潰れただけの事件でした。

④リップルコインって銀行で買えばいいの?

銀行では売っていません。

東京三菱UFJ銀行にいけば、独自に開発した仮想通貨「MUFGコイン」が買えるくらいですかね。

リップルコインは仮想通貨の取引所と販売所で買えます。

リップルコイン(XRP)ってどうやって購入するの?【買い方】

2016.11.24

⑤仮想通貨って、なんで人気が出てきたの?

はい。色々要因はありますが、大きなターニングポイントでいうと、2013年ギリシャ危機や、キプロス危機など、自国の法定通貨を国民が信用できなくなったタイミングに注目され始めました。

2016年現在でも南米のエクアドルやベネズエラなど、デフォルト危機のある国ではビットコインが盛んに取引されています。

デフォルトされて自国通貨が紙くずになるくらいなら、世界で信用されている仮想通貨を購入しておこうという考えですね。

日本で一番簡単にビットコインが買える取引所 coincheck bitcoin

初心者でもすぐ分かる仮想通貨リップル(ripple)3つのデメリット

2016.12.04