公開:2017/10/10 (更新:2017/10/17)

トレンド

【10月】仮想通貨リップル(XRP)関連の近況情報まとめと今後の相場予測。

10月

10月、リップルの価格はどのように推移していくでしょうか。
ここ最近でリリースされた仮想通貨関連情報を元にリップル相場を予測したいと思います。

9月のリップルチャート

9月の始まり値が約28円(1XRP)でした。

終わり値は約20円(1XRP)で、-28.5%です。

スクリーンショット 2017-10-10 10.13.20

8月にリップル社の公式Twitter上で行われた「SWELL」の開催発表へのカウントダウンの影響で価格上昇があり、9月初旬時点では28円(1xrp)の高値を維持していましたが、9月中にはとりわけ市場に影響するニュースがなく、下落を続けた形です。

唯一期待されていたSWELLの概要発表に関しては全くの無反応という結果でした。

8月末で高掴みした方には厳しい1ヶ月だったことが予想されます。

【9月】仮想通貨リップル(XRP)関連の近況情報まとめと今後の相場予測。

2017.09.04

しかし、10月に入り相場は急変を見せました。

10月1日以降順調に上昇をはじめ、8日には30円を超えて現在はやや反発を受けている状態です。

10月の相場がこの後どのよう動くか、直近の話題から予測したいと思います。

リップルが主催するカンファレンス「SWELL」の開催(10月16〜18日)

10月に控える大きなイベントの一つが8月からその開催が告知されている「SWELL」です。

リップル社が主催するイベントで、ベンバーナンキ前連邦準備理事長やワールド・ワイド・ウェブの考案者であるティム・バーナーズ・リーなどIT界の著名人が登壇する予定。

内容は大まかに下記のようになっています。

スクリーンショット 2017-10-10 10.44.35
:SWELL公式サイト

SBI Ripple AsiaがDAYLI Financial Groupと提携、韓国へ進出(9月12日)

以下、SBIホールディングスより、日経新聞を通して発表された内容の冒頭文です。
スクリーンショット 2017-10-10 12.17.13

 SBIホールディングス株式会社(本社:東京都港区、代表取締役執行役員社長:北尾 吉孝、以下「SBIホールディングス」)の子会社で次世代決済基盤をアジア地域で展開するSBI Ripple Asia株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:沖田 貴史、以下「SBI Ripple Asia」)は、SBIグループの投資先企業である韓国のYelloイエロ Mobileモバイル Inc.(本社:韓国ソウル市、代表取締役:イ・サンヒョク)傘下のDAYLIデイリー Financialフィナンシャル Group Inc.(本社:韓国ソウル市、代表取締役:パク・サンヨン、シン・スンヒョン)の子会社で金融機関向けにブロックチェーンおよびAI技術を基盤としたテクノロジーインフラを提供するDAYLI Intelligence Inc.(本社:韓国ソウル市、代表取締役:イ・ギョンジュン 、以下「DI社」)と提携し、韓国市場における分散台帳技術(DLT)を活用した金融機関向けソリューションの拡販を本格的に開始いたします。
:日経

ビットコインのハードフォーク(11月19日)

基軸通貨であるビットコインについても直近の動きを確認しておきたいと思います。

11月19日(前後する可能性あり)にはビットコインのハードフォークが予期されています。

スクリーンショット 2017-10-10 11.19.41

これは8月に実行されたNYA(ニューヨーク合意)という施作の延長上にあるもので、目的はビットコインのブロックサイズを現在の2倍に拡張させることです。

しかし依然として反対派も多数存在することで実行が回避される可能性なども示唆されており、仮想通貨全体に及ぼす影響も今後の動向次第といったところでしょう。

参考:日経テクノロジー

「SINGAPORE FINTECH FESTIVAL 2017」へリップルCEOのブラッドガーリングハウスが出席予定(11月13〜17日)

Sing

「SINGAPORE FINTECH FESTIVAL」はシンガポール銀行協会(ABS)から支援によって開催されるイベントで、シンガポールとその周辺地域におけるFinTechエコシステム(生態系)の連携や協業、協創を促進することを目的としています。

2017年の開催日程は11月の13〜17日。

ここにリップルのCEOであるブラッドガーリングハウス氏がスピーカーとして出席することが予定されています。

screencapture-fintechfestival-sg-speakers-brad-garlinghouse-1507604721412

:SINGAPORE FINTECH FESTIVAL 2017

10月のリップル相場はどうなる

10月中でリップルの価格が動くとすれば最も大きな要素はSEWLL開催の前と後でしょう。

実際に今月は早くも30円を記録していることから、イベント実施直前に向けてもうひと盛り上がり来てもおかしくないかもしれません。

ただし、慎重に考えれば価格のピークは30円。

さらにイベントのあとは下落傾向のため、追加購入はイベント前で価格が25円ほどまで下がった場合に留めて、開催される頃には手放すぐらいのスピード感が必要となりそうです。

リップルを購入する場合は、手数料が最も安いビットバンクがおすすめです。
スクリーンショット 2017-08-04 19.49.24

リップル買うなら「ビットバンク.cc (bitbank.cc)」国内大手で唯一“リップルやイーサリアムの指値取引”ができる取引所。

2017.08.29

「Changelly(チェンジリー)」少ない手数料で簡単に仮想通貨(アルトコイン)同士の交換をする方法。

2017.08.21

仮想通貨の始め方。投資価値とリスクについて、投資経験ゼロの人の為に解説します。

2017.08.11

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でリップル通信をフォローしよう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です