公開:2017/05/22 (更新:2017/05/31)

トレンド情報

結局、仮想通貨はどれを購入すればいいのか。初心者でも失敗しない仮想通貨の選び方

月はどれ

2017年は仮想通貨が投資対象として非常に注目されています。

仮想通貨の取引を始める人も急増しているように見受けられますが、そんな初心者の人たちが抱いているであろう、

“どの仮想通貨を購入すれば失敗せずに資産を増やせるか”という疑問について解説し、実際に“今買うべき仮想通貨”をご紹介したいと思います。

※“今買うべき仮想通貨”はその時のトレンドによって変化しますので、この記事は定期的に更新します。

存在する仮想通貨(アルトコイン)の数は1000種類近い

2017年は仮想通貨が投資対象として非常に注目されています。

日本の国内のどれぐらいの人が仮想通貨投資を初めているかはわかりませんが、少なくとも初めている人の中にはここ最近で億単位の利益を得たという人がたくさん現れています。

また近々GMOやSBIなどの大手証券会社が仮想通貨の取引所をオープンすることを正式に発表している為、そのタイミングでさらに取引が盛んになことが予測されます。

このように資産運用の手段として現状では最も利回りがよいと思われる仮想通貨ですが、残念ながら購入すれば必ず価値が上がるというわけではありません。

資産が10倍以上になった人もいる反面で、5分の1ぐらいに減ってしまった・・・という人もいるのが現実でしょう。

その差が起きる原因は色々ありますが、人つ大きな要因としては“どの仮想通貨を購入したか”です。

少なくとも、全世界には1000種類近くの仮想通貨が存在するので、どれでもいいということにはならないのは明確です。

しかし、その中でも価値が上がるもの上がらないものというのは実は一定の傾向が出ています。

実際に資産を何倍にも増やしている人が購入した仮想通貨のポートフォリオ(どれとどれをどのくらい持ってるかを表したもの)は似ていることが多いです。

では次で、“どのような条件を満たした仮想通貨が高騰しているのか”をご説明していきたいと思います。

仮想通貨の価格が上がる(高騰する)ときはどんなとき?

shutterstock_480718696

そもそも、仮想通貨が大きく値動きするのはどんなときでしょうか。

株取引でいうと、企業の事業やM&Aの発表、為替で言えば国の財政状況に関するニュースに左右されると思いますが、仮想通貨の場合は“どの通貨の技術が今後何に使用されようとしているか”が影響していることが多いです。

実際に、過去半年間の高騰の経緯を仮想通貨に関するニュースに基づいて確認してみたいと思います。

事例①:3月中〜後半、アルトコイン軒並み高騰

この時期には国内の仮想通貨が一斉に高騰をはじめました。

国内の取引所にて取り扱いのある通貨でも期間中に10倍以上に価格が高騰したものが複数あります。

スクリーンショット 2017-05-21 18.26.54

例:イーサリアム(ETC)1週間ほどで約6倍の高騰

それまでは投資の対象として見られていた通貨はビットコインぐらいでしたが、ここで一気にビットコイン以外の通貨(アルトコイン)へ投資する人が増えたように思われます。

高騰の要因は複数考えられますが、最も大きな出来事としては仮想通貨法の施行開始(4月1日付け)だと思われます。

事例②:リップル(XRP)、銀行の決済システム関連ニュースによる高騰

リップルは、SBIホールディングスを初めてとする各国のメガバンクが送金システムとして採用しており数ある仮想通貨の中でも存在目的の明確さから信用を集める通貨です。

そしてこの送金システムに関するニュースのリリースタイミングに重なって高騰が発生しています。

スクリーンショット 2017-05-21 18.40.32

事例③:ライトコイン(LTC)、SegWit有効化で高騰

各仮想通貨の抱える問題として、ブロックチェーンのサイズが今後の普及や流通量が増えると小さすぎるのではないか(運用に影響がでる)という懸念があります。

これを解決する方法がSegWitの有効化です。

ライトコインは他の仮想通貨に先駆けてこのSegWitを有効化することに成功し、同時期に価格が4倍近く上昇しました。

高騰の要因をあげていくとキリがないので例としてはこのぐらいにしますが、仮想通貨の場合はその特性上その実用性や実際のシステム導入に関する発表が会った時に高騰する傾向があります。

特に、例にも上げたリップルは世界の大手銀行から決済システムとして採用されているので信用もあるほか、銀行関連のニュースで高騰の予測を立てやすいというメリットもあります。

価格の安い通貨を選ぶべき

shutterstock_602866028

倍率の高い仮想通貨を狙いたいのであれば価格の安いものを選びましょう。

例えば、ビットコイン(BTC)は20万円(1BTC)ですがリップル(XRP)はわずか40円(1XRP)ほどです。

この2つであればリップルを選ぶべきということになります。

なぜかというと、安い通貨の方が倍率が高いからです。

仮に、AさんとBさんがそれぞれ10万円持っていたとします。

767fea97

Aさんはこの10万円でビットコインを買えるだけ買います。それに対してBさんは10万円全てリップル購入に充てました。

名称未設定 1

2人とも4月1日に買って、以降最も高騰したタイミングで売却したとしましょう。

まずはビットコインを見てみます。

スクリーンショット 2017-05-21 23.41.44

4月1日時点で約12万円だったビットコインは5月20日時点で30万円になっています。

つまり2.5倍に価格が上昇したということになりますので、Aさんが持っていた10万円25万円になりました。

この事実だけ見ると利回りのよさに驚きなのですが、リップルはこれを遥かに超えてきます。

スクリーンショット 2017-05-21 23.42.20

4月1日時点で約2.8円だったリップルは5月20日時点で58円になっています。

倍率でいうと20倍以上です。

リップルを買ったBさんの10万円はなんと200万円になってしまいました。

もちろん、リップルと同じぐらいの価格のアルトコイン全てが同じ期間で20倍になっているわけではありませんが重要な点はそれだけの伸びしろがあるということです。

実際にビットコインも元から10万円以上だったわけではなく、高騰を重ねて現在の価格に至りました。

ビットコインもかつて世に出た頃は1円にも満たない価格でした。

その頃に1000円ほどでも購入していたら現在は文字通り億万長者になっていたということになります。

時価総額ランキング上位の通貨を選ぶべき

shutterstock_184329806

仮想通貨にはCryptoCurrencyMarketCapitalizationsというランキングが存在します。

これは、“仮想通貨の値段×市場に出回っている量”の数値を元に全ての仮想通貨にランク付けしたものです。

スクリーンショット 2017-05-07 1.47.47
CryptoCurrencyMarketCapitalizations

この上位に入っているものが必ずしもこれから高騰するというわけではありませんが、市場で取引されている量を表しているので逆に言えばランキングの上位に入っていない仮想通貨は世の中からまだ見向きもされていないということになります。

結局、どれを買えば儲かるの?

色々と説明してきましたが一番知りたいのは“要はどれを買えば儲かるのか”ということだと思いますので、結論です。

現状儲かる確率がもっとも高いと思われるのは・・・

・リップル(XRP)
・シアコイン(SC)
・ステラ(STR)

強いて3つほどあげるとすれば現状はこれらの仮想通貨(アルトコイン)です。

名称未設定 1

リップルはこれまでの説明にも述べた通り信用や話題性が高いことと、価格がまだ40円ほどということ、そして時価総額ランキングでは2位に位置しているということで条件を完璧に満たしています。

シアコイン、ステラは高騰の情報は掴みにくいですが、どちらも1円以下の価格でありながら時価総額ランキングでは8位11位に位置しています。

仮想通貨の購入方法は?

以上でご紹介した“高騰しそうな仮想通貨”ですが、実際にこれらを購入するにはどうすればよいでしょうか。

仮想通貨を購入するには仮想通貨の“取引所”を使用するのですが、実はこの中には現状国内の仮想通貨取引所では取り扱っていないものもあります。

したがってそれぞれ購入方法が異なりますので、ひとつずつご説明しています。

リップル(XRP)の購入方法

まずリップルの購入方法ですが、これは国内の取引所で取り扱いされていますのでそこで購入できます。

国内には取引所が複数ありますが、コインチェック(coincheck)という取引所を使用するとよいです。
スクリーンショット 2017-05-07 2.06.13

コインチェック(coincheck)

理由は後ほどご説明します。

登録は無料でできますので、まずは口座を開設するところから始めてみてください。

コインチェックについて詳細を見たい方はこちらからどうぞ→コインチェック公式サイト

シアコイン(SC)・ステラ(STR)の購入方法

さて、この2つについては少し手間がかかります。

なぜなら国内の取引所では現状取り扱っていないからです。

※厳密にいうとステラは取り扱っている取引所があるのですが、信用性についてあまりよくない評判が多いのでおすすめしません。

したがって、海外のPOLONIEXという取引所に登録することになります。

スクリーンショット 2017-05-22 0.47.36
こちらがPOLONIEXのトップ画面です。

まずは登録を済ませるのですが、ここでさらに問題があり・・・

●海外の取引所なので日本円で購入することができないのと、
●シアコイン・ステラの購入にはビットコインが必要

となります。

このことを踏まえて最もスムーズに仮想通貨を購入する方法は・・・

コインチェック(coincheck)でビットコインを購入する
②ビットコインをPOLONIEXに送金する
③ビットコインでシアコインとステラを購入する

このような流れになります。

※リップルの購入方法のご説明の際にコインチェックの利用をおすすめした理由は、この取引所がビットコインとリップルの両方を取り扱っているからです。

ここを利用すれば取引所の登録はコインチェックとPOLONIEXの2つだけで済みます。

以上が、これから高騰する可能性の高い仮想通貨を最もスムーズに購入する方法でした。

仮想通貨投資の1歩目はコインチェックで口座を開設することです。

コインチェックについて詳細を見たい方はこちらからどうぞ→コインチェック公式サイト

【取引所】コインチェックの安全性は大丈夫?評判や口コミを調べました。

2017.04.22

【高騰】ビットフライヤーがイーサリアム(ETH)販売所をリリースし、日本円でイーサリアム(ETH)が購入可能に。同日、トヨタ自動車のEEA参加発表も。

2017.05.23

GMOが運営する仮想通貨取引所「GMOコイン」は使いやすい?評判と口コミを調査。【登録方法あり】

2017.05.24

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でリップル通信をフォローしよう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です