公開:2017/05/07 (更新:2017/05/23)

トレンド情報

結局、仮想通貨はいつ買えばいいのか?確実に利益を出す為の購入のタイミング【買い時】

買い時

仮想通貨の高騰が何かと世間を賑わしています。

半年前まではほぼ値動きのなかった通貨も1ヶ月で倍以上の値上がりをするなど、資産運用として仮想通貨に挑戦するならまさに今がチャンスと言っても過言ではない状況です。

今この瞬間にも億万を稼いでアーリーリタイヤ確定という人が各地で誕生しています。

そこまでは言わなくとも「先々の生活の為の足し程度に貯金を増やせたらいいな。」と考えて仮想通貨の投資を検討している人は多いのではないでしょうか。

しかし、これから仮想通貨を購入しようとする人からすれば当然知識も少なくいろいろと不安な面も多いと思います。

特に多いと思われる不安要素は、

どのタイミングで購入すればいいの?
どの通貨を買えばいいの?
最初にいくら(円)ぐらい投資すればいいの?

・・・などではないでしょうか。

そこで、結局どうすれば仮想通貨で“リスクを避けて利益を得ることができるのか”というところをここでわかりやすくご説明しておきたいと思います。

絶対に儲かると思ってはいけない。

shutterstock_358750469

始めにネガティブなことをからお伝えしておきますと、確実に利益を出せる方法というものはありません。

前提としてどんな投資対象であっても100%儲かるというものなく、不動産投資、株、FX、など全ての投資対象が資産を減らすリスクを持っています。

そして仮想通貨は、株やFXと同様に為替取引の一種です。

念のために為替取引で利益を得るもっとも基本的な仕組みをご説明しておきます。

為替取引とは?

“海外旅行のときの換金”を例にしたいと思います。

あなたは旅行でハワイにきました。

shutterstock_156563252

買い物をしたいので持っている円をドルに交換しようと思っています。

名称未設定 2

レートが1ドル110円のときに1万円を換金したとします。

※円をドルに換金するときなどはその時々のレートによって換金率が変化します。また、手数料などはややこしいのでここではないものとします。

これは言い換えると、1ドル110円で購入できるということ。

持ち金1万円で購入できるドルの数は、999,900円)ですね。

100ドルだと10,100円になってしまうので買えません。
買えるのは99ドルまでです。

では、1ドル100円のときだとどうなるでしょう。

そうですね。100ドル買えます。

1ドル100円のときに換金した方が、1ドル110円のときに換金するよりもたくさんのドルを手に入れることができます。

利益が発生する仕組み

次に旅行から帰ってきて持っていたドルを円に戻すときのことを考えて見ます。

名称未設定 1

今度は円からドル換金したときとは逆に“ドルで円を購入する”ことになりますので、1ドル110円のときよりも100円のときのほうが多くの円を手に入れることができます。

つまり、ドルを安く買って高く売ることで利益を得ることができるということです。

仮想通貨投資の考え方もこれと全く同じです。

代表的な仮想通貨であるビットコインに置き換えると日々値動きがあるビットコイン相場の中で値段が下がったときに購入して値段が上がったときに売却することで差額を利益(キャピタルゲイン)として得ることができます。

しかし円とドルの関係と同様に購入したビットコインが必ず値上がりするかどうかは誰にもわかりません。

その逆に買ったビットコインの価値が下がったということも当然起こりえます。“確実に儲かると思ってはいけない”というのはそういう意味です。

では、仮想通貨投資はやっぱり危険なのでしょうか?

結論から言えば、比較的安全な投資と言われています。

なぜ仮想通貨は比較的安全なのか。

shutterstock_573374317

あえてもう一度記載しますが、

仮想通貨はあくまでも“数ある投資対象の中では比較的安全”だということになります。

では話を進めます。

投資対象としてもっとも近い位置にあるFXと比較して見ます。

FXはレバレッジをかけて為替取引を行います。

shutterstock_238770541

レバレッジとは持っているお金の5倍10倍の金額で取引ができるシステムです。

1万円持っていれば10倍10万円を持っている“テイ”で、その分の外貨を購入することができます。

その何がリスクなのかというと、

実際には1万円しかもっていないのに10万円の取引ができるということは、その10万円で購入した外貨が20%値下がりした場合にはマイナス2万円となります。

1万円しか持っていなのにマイナス2万円ということは、手持ちが0円になるどころか1万円の借金が発生したことになります。

それに対して仮想通貨は現物(レバレッジ何倍などにせずそのままの状態で)取引ができます。

つまり、持っていたお金の金額が下がることはあってもマイナスになることは絶対にありません。

ものすごく端的に言ってしまえば、仮想通貨取引でやっていることは”海外旅行のときの換金”と同じことです。

ハワイに行って、

ドルに換金すると価格が下がるかもしれないから、換金はやめておこう・・・

とはあまり思わないですよね?(多少はそういう人もいますが。)

そしてこの、普通に換金するだけで十分な利益を得ることができるという点が仮想通貨のメリットでもあります。

※FX(外貨取引)で現物取引だとただの換金になってしまいますね。

なぜ現物で取引できるかというと、仮想通貨は短期間に外貨為替よりもはるかに大きな値動きがある為です。

もちろん仮想通貨でもレバレッジをかけた取引(信用取引)ができますが、それをやると逆にFXよりもリスクが大きくなるので初心者の方にはおすすめいたしません。

いつのタイミングで購入するのがいいの?

shutterstock_533640004

比較的安全とは行っても少なからずリスクは伴います。

であれば、できるだけ利益をたくさん得たいと考えるのが普通ですね。

その為にもっとも重要となるのが“買うタイミング”です。

先の説明にもありますが仮想通貨の取引では“安く買って高く売る”が鉄則です。

ですので、

出来るだけ値段が下がったときに買う

これが重要です。

非常に単純なことを言っていますが、逆に言うと利益をたくさん得る為の買い時のポイントはこれだけです。

ただし、安いときと言っても17万円のビットコインが100円まで下がるのを気長に待つというのは可能性も低いですしあまり現実的ではありませんので相場を見て判断することになります。

スクリーンショット 2017-05-06 23.29.42

上の画像はビットコインの過去およそ半年間の価格推移を表したグラフ(チャート)ですが、

2017年の年明けから10万円以下になっていることはほとんどないので10万円以下にはならないだろう

という具合に予測していきます。

※厳密には底値は0円なのですが、1ドル=0円となる可能性が低いように長期間一定の価格を維持していたものが急激に下がることは可能性が少ないのと、あまり低く予測しすぎると永遠に購入のチャンスが巡ってこないのである程度妥協する覚悟は必要です。

どの仮想通貨を購入すればいいの?

shutterstock_116091892

では次に、数ある仮想通貨のどれを購入すれば良いのか。

これについては“絶対にコレ”というものはありません。

しかしそう言われても困ってしまうと思うのであくまでも“おすすめ”という観点で選びかたをご紹介します。

時価総額ランキング上位の仮想通貨

まず仮想通貨の時価総額ランキング上位に入っているものから選びましょう。

スクリーンショット 2017-05-07 1.47.47
時価総額ランキング(CryptoCurrency Market Capitalizations)とは:
“仮想通貨の値段×市場に出回っている量”の数値を元に全ての仮想通貨にランク付けしたものです。
サイト→CryptoCurrency Market Capitalizations

その理由は信用性が高いからです。

外貨に置き換えて考えるとわかりやすいですが、“戦争中でいつなくなるかわからない国の通貨”と“経済的にも安定していて外交もうまく行っている国の通貨”なら信用できるのは100%後者ではないでしょうか。

仮想通貨において信用性が高いのはランキング上位のものということになります。

その中で価格の安いもの

信用性の高い通貨の中から価格の安いものを選ぶことをおすすめします。

高いものの方が価値があるんじゃないの?

・・・一瞬そう思うかもしれませんが、仮想通貨取引での利幅を大きくするには通貨の価格の上昇率(倍率)が重要です。

ビットコイン(BTC)とリップル(XRP)を比較してご説明します。

まずは下の画像をご覧ください。

スクリーンショット 2017-05-06 23.50.42

これは先ほど同様ビットコインの半年間のチャートです。

2016年11月には約70,000円(1BTC)だったビットコインが半年後の2017年5月には約180,000円(1BTC)に値上がりしています。

つまり価格の上昇率(倍率)で言うと約2,6倍弱です。

次にリップル(XRP)のチャートを見てみます。

スクリーンショット 2017-05-07 0.03.39

2016年11月には約0,7円(1XRP)だったビットコインが半年後の2017年5月には約12円(1XRP)に値上がりしています。

つまり価格の上昇率(倍率)で言うと約17倍です。

例えばビットコインとリップルそれぞれを10万円分ずつ購入していた場合だと・・・

ビットコインの方が26万円になるのに対して、

リップルの方は170万円になります。

比べてみると倍率での差はかなり大きいですね。

分散して複数購入しよう

もうひとつポイントがあります。

購入する通貨を仮にリップルにしたとして、

持ち金を全部使ってリップル購入!

・・・このような買い方もあまりおすすめしません。

なぜなら狙い撃ちで一点買いした通貨が運よく高い倍率で高騰するとは限らない為です。

そして知識ゼロの初心者がどの通貨がこれから高騰するかを見極めるのは無理です。

ですので、信用性の高い仮想通貨の中から2種類以上に分けて購入することをおすすめしておきます。

こうすることによってどちらか一つが高騰した場合の利益も少なくなってしまいますが、その分どちらか一方が激しく値下がりした場合のダメージも少なくなる利点もあります。

最初にいくら(円)ぐらい投資すればいいの?

shutterstock_590063240

それでは、最初に投資する額はいくらぐらいが妥当なのでしょうか。

これについては、初心者の人が初めて仮想通貨の取引をするということを前提に“これぐらいを基準にするとよいかな”程度でご説明しておきます。

まず仮想通貨の値上がりによる利益ですが、元手の2倍になれば“いい方”だと思ってください。

先ほど例に挙げたリップルは17倍になっていますがそれは特例です。

全ての仮想通貨が短期間にこれだけ高騰している訳ではありませんし、今後リップルが同じ期間内に17倍になる保証もありません。

また、17倍まで上がることを見越して上がり出すタイミングに購入するという判断も初心者の人には難しいと考えてよいと思います。

これらの要素を考慮して、だいたい2倍ぐらいになればいい方ということになります。

2倍なので10万円だったら20万円100万円だったら200万円です。

元手が多ければ多いど利益も大きくなります。

ただし、

たくさん増やしたいから1000万円でリップルを買っておこう。

・・・これは止めておきましょう。

そのとき底値だと思って買ったものがそこからさらに下がることもありえます。

上がり方が大きいということは下がり方も大きいということです。

※この点が“絶対に安全という訳ではない”という部分でもあります。どうしてもそうしたい方を無理に止めはしませんが。

とは言え投資額が1万円ぐらいだと2倍になっても2万円にしかなりません。これだと資産運用としては心もとないですね。

先ほども記載したように“よくて2倍”なので、

まずはトライアルで感覚を掴んでみたい!

という考えだとしても、金額が小さすぎると価格の上がり下がりを体感しにくいという部分もあります。

ではいくらぐらいが妥当でしょうか。

目安としては最悪の状態を想定して1割以下に下がってもよい金額を選択してください。

あえて具体的な額を上げるとすれば5万円ぐらいが妥当ではないかと思います。

9割減ってもマイナス4万5000円2倍に増えれば10万円です。

5万円ほどであれば、1ヶ月分のお給料からでもなんとか捻出できるぐらいの金額だという人が多いのではないでしょうか。

そのぐらいであれば翌月の生活にはダメージが残らないと思いますし、運よく2倍になれば多少まとまった利益を得ることができます。

初めての仮想通貨投資としてはそのぐらいが丁度よいかと思います。

また、そこで利益を得ることができた場合にはその利益分だけを資金として追加購入すれば、元手を変えずに利益率を高められますので始めのうちはそうやって資金を増やしてみてください。

仮想通貨を購入する方法は?

shutterstock_599642756

仮想通貨を購入する上でのポイントをご説明しました。

それではここで、実際に仮想通貨を購入する方法も簡単にご紹介しておきたいと思います。

仮想通貨を購入するには取引所で口座を作ります。

この口座が仮想通貨を売ったり買ったりするためアカウントとなり、保有しておくための貯金箱となります。

銀行の口座をもつのと似たようなことですが、登録の作業自体はSNSでアカウントを作るのに近い感覚です。

国内に複数の銀行があるのと同じように仮想通貨の取引所も複数あります。

初めて取引所に登録する場合どこにすればよいか迷うと思いますが、おすすめなのはコインチェック(coincheck)という取引所です。

スクリーンショット 2017-05-07 2.06.13

なぜコインチェックがおすすめかというと、この取引所は国内のすべての取引所の中でもっとも取り扱いっている仮想通貨の種類が多いからです。

仮想通貨の選び方のところで仮想通貨を購入するときには資金を複数に分けて持ったほうがよいと説明しましたが、そもそも信用性の高い仮想通貨を3種類以上取り扱っているのはコインチェックのみです。(2017年5月時点)

スクリーンショット 2017-05-07 2.08.18
コインチェックは12種類の仮想通貨を取り扱っています。

その他にも取引所を選択する上で基準とするべき比較ポイントはいくつかあるのですが、重要な部分である“取引手数料”は0%なので他と比べても遜色ありません。

取引手数料は0%ですが売買には手数料が発生するのでご注意ください。

ちなみに、銀行の口座開設にはお金がかかりますが(預金を入れなければいけない)取引所の登録にはお金がかかりません。

ですので複数の取引所に登録してみて最終的に使いやすいところを使うというのが一番よいです。

下記のボタンからコインチェックの登録画面に飛べますので、登録して口座を開設してみてください。

コインチェックについて詳細を見たい方はこちらからどうぞ→コインチェック公式サイト

ポイントのまとめ

最後になりますが、ここまでに上げたポイントを再度まとめておきたいと思います。

①チャートを見てなるべく安いときに購入する。
②信用性が高く、価格の安い通貨を選択する。
③複数の通貨に分散する。
④始めの投資額は大体5万円ぐらい。

以上になります。

但しこれらのポイントはあくまでも“初心者の人が極力リスクを避けながら手堅く利益を獲得するための方法”ですので、何度か取引を重ねるうちに自分のスタイルが確立されてきた場合はそちらを採用していただければと思います。

初めての仮想通貨投資、頑張ってみてください。

国内最大級の取引所ビットフライヤーの特徴は?実際の評判と口コミを調べました。

2017.04.27

【取引所】コインチェックの安全性は大丈夫?評判や口コミを調べました。

2017.04.22

リップル(XRP)高騰の理由と2017年の出来事まとめ。今後の相場をチャートから予測。(8月23日更新)

2017.04.30

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でリップル通信をフォローしよう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です